スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'11.07 (Mon)

2011/11/06 Gv

11月6日 FE連合のGvです。今週はいつもと違い、ワールド対抗戦に向けてFE勢力いくつか集まって連合を作って戦いました。主立った参加勢力はカリブ、ロキ魂、神話、SW、敵前、その他個人参加者などなど。


■防衛N?
とりあえず割って装置も作って防衛開始してみたものの偵察くらいしか見えず程なく放棄。


■攻めF4 相手芋
まず最初に防衛があった芋同盟さんを攻めます。
守護石への通路で防衛があり、火力密度も高くてうかつに前に出ると即死するほどですが、こちらは向こう以上の人数。押し上げて行き程なく破壊。
その後はサクサク進んでいきエンペを割って放棄、次の相手を探しに行きます。


20111106_Gv01.jpg
■攻めN3 相手黒葉
まずは守護2への通路防衛。壁の向こうから子守歌とマンドラという、gv動画でよく見る防衛。しかし前にドンドン出てくれる味方が多いと勢いが付きます。一番苦戦すると思われたここの防衛ラインを短時間で突破。

バリケ2への通路もまた防衛側は安全地帯からマンドラ、ミスティ、子守歌、位置ズレASなど飛ばせるポイントがあって硬い防衛ラインで有名な場所です。

ここも機動力のある人が数人奥へ飛び込み相手を少しでも引きつけ、その隙に押し上げてという感じ。やはり相手よりも1.5倍という兵力は伊達ではなかった!


しかしRedmagicのマスターがEMCうますぎわらったw
リチャージの早さもすごいけど、展開する場所も限界ギリギリまで進んだいいポイントで、快適でした。


3バリケ破壊後の防衛に少し時間掛かりますが、数人抜けてエンペに向かっていたようで、程なく防衛ラインが崩れ割り成功。ここまでは快調でした。



■攻めF4 相手芋、黒葉、TS
戦う相手が見つからなかったので、また防衛が構築されたF4へ再び攻め入ることにします。先ほどと同じく守護石への通路で防衛。ここを崩して城門壊してさあバリケへ。というところでしたが、何故か黒葉さんが入り口バリケに向かって防衛ラインを作っていた。エエー!さらには中立の立場と言っていたTSさんまでも加わりサーバトップ恐怖の3同盟連合が・・・


倒しても倒しても入り口だから復帰されてしまい、前方には敵しか見えないw
そしていつの間にか城門も作られていて「スタート地点へ戻る」、とても崩せそうにないため撤退。



■攻めN2 相手TS
まだ相手が揃っていなかったようで守護防衛ラインは軽く突破し、3バリケ先の通路へ。一気に割りに行きたいところでしたが・・・この防衛ラインに勢いを止められて少し下がり、遠距離での差し合い状態に。

そのじっくりが命取りだった!黒葉さんが今度はTSさんを援護するべく現れて、挟まれてそれぞれと戦う形になってどうにも行かなくなってしまいます。気が付くと時間もかなりすぎて居たし短時間では落とせそうに無かったので撤退。



■確保N4 V3 C3
時間前にはもっと複数取ったものの、終了間際に落とされたりして結果3砦、残念ながら人の多さに割りには全然取れませんでした。






2時間ずっと普段と戦えない大手と戦闘が出来て楽しかったけれど、それにうかれて砦を複数確保するという目的からずれてしまった感もありました。


そして黒葉さんはこちらを上回る人数の連合を完成させていて砦もきっちり確保していたわけで、根回しその他も含めてやはり最強と言わざるを得ないが・・・来週もある! その懐に食らい付いてみよう。




あとは・・・そう、修羅のスキル羅刹に変えて出てみました。やはりLvが高くてスタンしないのは快適。しかし防御メインの装備とステにしたせいか肝心の羅刹の威力が足りない感じ。でも威力上げたらこちらがやられるしでジレンマも。

とある砦で少数対少数で戦っているとき、おそらくはゴス装備と他をうまく着替える相手を、味方のWLと協力して凍らせて阿修羅で落とせたのは気持ちよかったw




読み終わったあとはクリックしてくれるとうれしいな(´・c_,・`)



【More・・・】




ここからは個人的意見


黒葉さんはF4砦を数ヶ月もずっと完全防衛成功させて毎週毎週神器を作成されて、他勢力が手をこまねいている間に、圧倒的な差を付けられている現状。

この黒葉一強をなんとかしないとつまらない方向に向かうのではないかなぁと。趣旨とは外れるけど、それでも何もせずに黒葉さんにただ普通にサーバトップを取らせるよりは、アクションを起こして変化をさせた方がいいと思う次第。


そしてやはりサーバ代表となるつもりならば、戦ってどこよりも強いというのを証明しないとならないと思うので、各勢力と戦ったのは間違いではないはず。熱中しすぎて確保時間まで食い込んだのは大失敗だけどw


愚痴を言えば、他のSE勢力も黒葉に対抗して自分たちこそ強いとして力を集めるかと思ったら、まさか黒葉一強をさらに推し進めるように与する方向に向かうとは思ってもいなかったってこと。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

02:01  |  Gv  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。